ABOUT
ルドルフとは

ルドルフとは

2008年より、京都を拠点に活動する演劇ユニット。
コメディやファンタジーを中心とした作品を通して、人生を送るうえでの小さいけれど無視できない「ひっかかり」に少しだけ風穴をあけ、ささやかな解放への道筋を作ることを目指しています。

団体名の由来は、川原泉さんの漫画「笑う大天使」に登場するルドルフ・シュミット氏から。ルドルフ【Rudolf】とは古いドイツ語で、「名高き狼」を意味します。

代表プロフィール

撮影:東直子

筒井加寿子 Kazuko Tsutsui

高知市出身。演出家・劇作家・俳優。
1999年、劇団衛星入団と同時に演劇活動開始。2003年退団後、フリー俳優としての活動を経て2008年に「ルドルフ」を立ち上げ。演出・劇作を開始する。
2015年、『フンベルバルディンクの衛星生中継』で第22回OMS戯曲賞最終候補に選出
平成21年度京都市芸術文化特別奨励制度 奨励者

ルドルフ以外の活動

2017.05
『バー弓子 vol.8 〜8度目のkissは終わらない夢の始まり〜』出演
2016.12
PenguinNoise Presents『劇研のど自慢』 企画
2016.12
THE GO AND MO’S 第24回公演『斎藤の咳』出演
2016.07
A級MissingLink 第23回公演『或いは魂の止まり木』出演
2016.04
THE GO AND MO’S 第22回公演『洋一の牙』出演
2015.10
伏兵コード vol.8『遠浅』出演
2015.05
THE GO AND MO’S 第18回公演『野村の論』映像出演
2012.02-
劇研アクターズラボ・公演クラス 脚本・演出(-2014.01)
2006-
フリーペーパー『ヒガシガシ』にてヒガシヤマンの返し技連載(-2014)
2013.06
ナントカ世代『その十字路の先を右に曲がった。』出演
2012.12
ナントカ世代『ナントカ世代の落語まつり「シ・バハマ」』出演
2012.06
京都舞台芸術協会プロデュース2012 AAFリージョナル・シアター2012~京都と愛知vol.2~『建築家M』演出
2011.10
トリコ・A『和知の収穫祭』出演
2011.7
下鴨車窓『人魚』出演
2010.12
下鴨車窓『王様』出演
2010.03
トリコ・A プロデュース『クリスチネ』出演
2009.08
むつかしいことばの会『場所と思い出』出演
2009.03
『源氏供養─消えゆく露の心地して』出演
2008.12
演劇計画2008『小説家 裘甫(クボ)氏と京城の人々』出演
2008.05
マレビトの会『血の婚礼』出演
2007.01
演劇計画2006『動物の演劇』出演
2006.06
77年企画『マリコの悪縁教室』出演
2006.05
マレビトの会『パライゾノート』出演
2006.03
壁ノ花団『たまごの大きさ』出演
2005.10
継ぐこと・伝えること 番外編『青頭巾』出演
2005.09
劇団飛び道具『人形師Q』出演
2005.07
『12』女性バージョン 出演
2005.03
トリコ・Aプロデュース『潔白少女、募集します』出演
2004.10
劇場あてがき企画『今日、このハコ』出演
2004.05
壁ノ花団『壁ノ花団』出演
2002.05
第7回OMSプロデュース『深流波 シンリュウハ』出演