BLOG
ブログ

ご来場ありがとうございました。

  • 2018年8月31日

8月26日(日)をもちまして、コント公演THE GO AND MO’S「松浦の箱」が終了しました。
ご来場いただいた皆さま、共演者・スタッフの皆さま、ご協力いただいた皆さま、GOMOメンバーの皆さま、スペース・イサンの松浦さん、どうもありがとうございました。

また、「俺達のアニー」でさまざまにご協力いただいたお客様、改めまして御礼申し上げます。おかげさまで私は初めて舞台上からスタンディングオベーション(無理矢理)を見ることができました。とても良い思い出です。
「アニー」も含め、本番に入るまでどういう見え方をするのか全然わからなくて不安な部分も多くあったのですが、来てくださった方から「楽しかった」「面白かった」と感想をいただけたので本当に嬉しかったです。おっさんとおばはんで着替えに四苦八苦しながら年齢に似合わない服を着て、若くもない身体に鞭打った甲斐がありました。↓こんな感じで

撮影:Daniel.Y

いい歳して何やってんでしょうかほんとに。楽しかったしまあいいか。

俳優として長期間がっつり稽古して本番を迎えるのは約2年ぶりでした。多少不安はありましたが、脚本・演出の黒川さんは一見統率力に見えない統率力で現場をまとめてくれましたし、共演の森本さんも素晴らしくしっかりした技術と安定感をお持ちなので遠慮なくぶつかっていけましたし、スタッフさんの安定のお仕事ぶりもあり、終始安心して稽古・本番に臨むことができました。身を委ねて大丈夫な現場にいられるというのは最高に幸せなことです。関係者の皆さんに心から感謝しています。

そして、劇場入りしてからとてもお世話になったスペース・イサンのオーナー松浦武男さん。

イサンの舞台に立つのは、私は今回が初めてでした。平常通りの稼働をしていない中、運良くイサンでやれてとても嬉しかったです。素晴らしいスペースなので、今後も可能な限り動いてくれたらと願っています。松浦さん、ありがとうございました!

コント本番の直前には茨木市で「つながる演劇プロジェクト」の演出ワークショップがあったり、

受講してくれた高校生のみなさん。とても真面目に取り組んでくれました。今後もがんばって!

ちょこっとお手伝いした滋賀県三井寺の肝試しイベント「三井寺妖怪ナイト」は大成功に終わり、

肝試し仕様にライトアップされた三井寺。予想の10倍もの来場者数だったそうです。

何かと忙しかった8月も今日で終わりです。私にとってはとても素敵な夏になりました。
次は来年2月のルドルフ新作上演に向けて動いていきます。詳細は後日発表します。どうぞよろしくお願いします!