BLOG
ブログ

地震がありました

  • 2018年6月19日

昨日、大阪北部を震源地とする大きな地震がありました。被害に遭われた皆さま、ライフラインの復旧等々で現在も大変な思いをされている皆さま、心よりお見舞い申し上げます。

私は京都在住で震源からは少し離れているので、家の中は多少物がズレたり倒れたりしたくらいで目立った被害はありませんでした。でも直下型のためか、揺れかたは以前体験した同程度の地震よりもずいぶん怖い感じがしました。大きくユサユサというよりは細かくガタガタする、少し長めの揺れ。ああいうとき何も考えなくても反射的に伏せてしまうものなんですね。

直下型独特(?)の「予兆」のようなものも一度感じました。昨晩大きめの余震がきたとき横になっていたのですが、まず遠くから何かがすばやくしのびよってくるような感じがして(音はかすかにしていたようなしていなかったような)、それからすぐに短くドンッと突き上げられるように揺れがきました。地中を超巨大なモグラが超高速で進んできて、真下で軽く頭突きしたような感じでしょうか。
震源から少し離れているとはいえ、直下型とはこのようなものなのかと、びっくりしてドキドキしながら考えてました。地球も生きているので避けられませんが、できればあまり起こってほしくないですね。

きのうは少し寝不足ぎみだったのですが、朝っぱらからびっくりしたり緊張したり、いろんな人に連絡をしたり、また日々の仕事をしたりとバタバタして眠気を感じる暇もありませんでした。今日は少し落ち着いたためか昼間からずいぶん眠かったです。あたりまえにある気がするものの奇跡的なありがたさに気づかされる昨日と今日です。

阪神淡路、新潟中越、東日本、熊本などなど、これまでに起こったたくさんの地震のことも考えました。今後もいつどこで地震があるかわかりません。復興のさなかにある皆さんにも、いまなにごともない皆さんにも、できるだけ平穏な日常があるように祈るばかりです。